『ぷるぴら ~solid situation love comedy.』感想

ブランド 3 on 10外部サイトへリンクします。
タイトル ぷるぴら ~solid situation love comedy.外部サイトへリンクします。
ジャンル ソリッドシチュエーション系王道学園ラブコメディ
発売日 2010/09/01(フリー公開)
3 on 10
評価点
60 / 100
最大瞬間風速 -
総プレイ時間 0.2時間
主人公 -
お気に入り -
ユーザビリティ 8/10 8/10
グラフィック 6/10 6/10
ムービー -
主題歌 -
BGM 6/10 6/10
ストーリー 6/10 6/10
演出 7/10 7/10
感動 6/10 6/10
読後感 6/10 6/10

(評価点や作品に望むこと等については「レビューポリシー」をご参照ください。)


0. まずは一言

ぷるぴらダメ。ゼッタイ。

「第3回One dot contest」エントリー作品。背景設定をほとんど明かすことなく、椿の途切れのない言葉遊びで押し通すラブコメディ。シリアスとコメディを切り替えるテンポの良さと、意外な話題の移り変わりによって、最後まで楽しめました。


Attention!!

この感想はゲームをクリアした人に向けて書かれています。
まだゲームをクリアしていない人が読むと、作品の面白さを損なうことがありますので、ご注意ください。

1. 本編の内容について少し

課題テーマは「誰にも言えない秘密」とのこと。それは、椿の隠された生い立ちのことではなく、十束への恋心だったのでしょうか……。強姦とテーマとサブタイトルを無理矢理結びつけるにはそれくらいしか思いつきませんでした。



このレビューを読んで感想などございましたら、twitter外部サイトのコンテンツにリンクします。またはメールフォームなどから是非コメントしてください。みなさまからのご意見、ご感想をお待ちしています。

Web拍手を送ります。
(Web拍手です。短いコメントも送ることが出来ます。)

Send to Hatena

Last updated: 2013-04-13
First created: 2013-04-01