『少女の刃先のゆくえ』感想


ブランド 第三ノベル工房外部サイトへリンクします。
タイトル 少女の刃先のゆくえ外部サイトへリンクします。
ジャンル サウンドノベル
発売日 2010/09/15(フリー公開)
評価点
69 / 100
最大瞬間風速 -
総プレイ時間 0.8時間
主人公 7/10
お気に入り -
ユーザビリティ 6/10 6/10
グラフィック 6/10 6/10
ムービー   -
主題歌   -
BGM 6/10 6/10
ストーリー 7/10 7/10
演出 6/10 6/10
感動 -
読後感 8/10 8/10

(評価点や作品に望むこと等については「レビューポリシー」をご参照ください。)


1. 一言コメント
 コメディを中心とした恋愛サスペンス風サウンドノベル。事件を未然に防ぐため、主人公が必死に対策を立てます。しかし、友人が容姿非端麗浅学非才なためか、なかなか上手くいきません。また、お話の流れよりもTIPSシステム(キーワード解説)の方に気がとられてしまうくらい、その風刺や補足(アシスト)が面白かったです。ちょっぴり怖い想像が広がるエンディングは、タイトルとも掛け合わされてとても良い終わり方でした。


このレビューを読んで感想などございましたら、twitter外部サイトのコンテンツにリンクします。またはメールフォームなどから是非コメントしてください。みなさまからのご意見、ご感想をお待ちしています。

Web拍手を送ります。
(Web拍手です。短いコメントも送ることが出来ます。)

Send to Hatena

Last updated: 2012-06-17
First created: 2012-01-14