『CD-Manatsu』感想


ブランド 小倉ハムスター外部サイトへリンクします。
タイトル CD-Manatsu外部サイトへリンクします。
ジャンル 魔法少女的短編ノベルゲーム
発売日 2008/08/10(フリー公開)
評価点
74 / 100
最大瞬間風速 -
総プレイ時間 2.2時間
主人公 7/10
お気に入り -
ユーザビリティ 5/10 5/10
グラフィック 6/10 6/10
ムービー -
主題歌 -
BGM 6/10 6/10
ストーリー 7/10 7/10
演出 6/10 6/10
感動 7/10 7/10
読後感 8/10 8/10

(評価点や作品に望むこと等については「レビューポリシー」をご参照ください。)


0. まずは一言
 魔法少女短編ノベル『CD-Lime』の続編。ひたすらボケまくる魔法少女・真夏さんとツッコミに追われる主人公・キリの掛け合いを十分に楽しませてもらいました。残酷な描写を抑えた一方で性的な発言が目立ちますが、それさえも仕掛けの1つに入れている所もポイントでしょうか。終盤にはこれまでの展開からは予想だにしないベクトルを持ってきており、主人公に感情移入して大いに盛り上がりました。ライムちゃんの手の上で踊らされているとはいえ、今作で大きく成長したキリ。次の『CD-Nagaha』が楽しみです。

Attention!!
この感想はゲームをクリアした人に向けて書かれています。
まだゲームをクリアしていない人が読むと、作品の面白さを損なうことがありますので、ご注意ください。

1. キリの魔法陣
 魔法レベル差が絶対的なものでない場合、魔方陣の数・画数にて勝負は決まるようです。ただ、主人公の場合、物理的に魔方陣に触れられるなどイレギュラーすぎるのでどこまで当てはまるのかよく分かりません。新魔法の三角形はどうも相手の魔法(今回はガードと固定)を永続的にコピーできるようです。あれ、とっても強そうなのですけれど、それ。ともかく、ラストまでこの「リアルドラクエ」を楽しみたいです。


このレビューを読んで感想などございましたら、twitter外部サイトのコンテンツにリンクします。またはメールフォームなどから是非コメントしてください。みなさまからのご意見、ご感想をお待ちしています。

Web拍手を送ります。
(Web拍手です。短いコメントも送ることが出来ます。)

Send to Hatena

Last updated: 2012-06-24
First created: 2012-03-10