『終末によせて』感想


ブランド とおくできこえるデンシオン外部サイトへリンクします。
タイトル 終末によせて外部サイトへリンクします。
ジャンル サウンドノベル
発売日 2003/08/31(フリー公開)
評価点
60 / 100
最大瞬間風速 -
総プレイ時間 0.7時間
主人公 8/10
お気に入り -
ユーザビリティ 6/10 6/10
グラフィック 5/10 5/10
ムービー -
主題歌 -
BGM 6/10 6/10
ストーリー 6/10 6/10
演出 6/10 6/10
感動 6/10 6/10
読後感 7/10 7/10

(評価点や作品に望むこと等については「レビューポリシー」をご参照ください。)


1. 一言コメント
 終末を迎える最後の1週間を5人の視点から描いた短編サウンドノベル。それは、男女が出逢い心を埋め合う、非日常の中で描かれたあるがままの日常でした。世界の終わりは穏やかで優しく、終幕は希望に満ちています。ただ、終末を迎える原因や最後の日が分かってしまう理由には一切触れられません。そこは、たとえ無粋ではあろうとも、素直には楽しみきれないのが実情でした。
  • 希望
     最後に書かれた一文が何時のものかで、この世界の結末が変わります。


このレビューを読んで感想などございましたら、twitter外部サイトのコンテンツにリンクします。またはメールフォームなどから是非コメントしてください。みなさまからのご意見、ご感想をお待ちしています。

Web拍手を送ります。
(Web拍手です。短いコメントも送ることが出来ます。)

Send to Hatena

Last updated: 2012-07-02
First created: 2012-04-05